アカデミー賞監督をも魅了した最高のサスペンス小説、奇跡の映画化 アカデミー賞監督をも魅了した最高のサスペンス小説、奇跡の映画化

イギリス人作家リズ・ジェンセンが発表した世界的ベストセラー小説に基づく『ルイの9番目の人生』は、人間の“心”というこの世で最もミステリアスな領域に踏み込んだサスペンス映画である。2008年に他界した『イングリッシュ・ペイシェント』のアカデミー賞監督アンソニー・ミンゲラが生前に映画化を熱望していた企画を、息子マックス・ミンゲラがプロデューサー兼脚本家として実現。鬼才アレクサンドル・アジャが、天使のような外見からはうかがい知れない秘密を隠し持つ9歳の少年を主人公に、予測不可能なスリルとサプライズに満ちた映像世界を完成させた。

わずか9年間で9度も死にかける大事故に見舞われ、病院のベッドで昏睡中の少年ルイ・ドラックス。なぜルイは、これほどまでに不運な星の下に生まれたのか。眠り続ける彼の周囲で、奇妙な事件が相次ぐのはなぜなのか。いくつもの伏線が張り巡らされ、神秘のベールが一枚また一枚と剥がされていく巧妙なストーリー展開に、誰もが目を奪われ、胸のざわめきを覚えずにいられない。

主人公ルイを演じるのは、カナダの天才子役エイダン・ロングワース。『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のジェイミー・ドーナン、デヴィッド・クローネンバーグ監督のミューズであるサラ・ガドン、「ブレイキング・バッド」のアーロン・ポールなど実力派俳優が脇を固め、物語に緊迫感を与えている。

やがて、謎めいた少年の心の闇にひとすじの光が差し込むクライマックス、そこには想像を絶する“驚愕の真実”が待っている。

昏睡状態のルイの周りで起きる、不可解な事件。真実を知る少年は、再び目を覚ますのか― 昏睡状態のルイの周りで起きる、不可解な事件。真実を知る少年は、再び目を覚ますのか―

愛らしくて賢い少年ルイ・ドラックスの人生は、まるで何かに呪われたようだった。
ひどい難産の末にこの世に生を受けたルイは、それから毎年必ず危険な事故に遭い、
幾度となく生死の境をさまよってきたのだ。そして9歳の誕生日に海辺の崖から転落した彼は、
奇跡的に命を取り留めたものの意識不明の重体に陥ってしまう。
担当医のパスカルは昏睡状態のルイを救うためにあらゆる手を尽くすが、父親ピーターは行方不明となり、
母親ナタリーのもとには差出人不明の警告文が届く。さらにパスカルも恐ろしい悪夢にうなされ、
ルイの身近な人々や関係者に次々と不可解な出来事が降りかかる。
とても偶然とは思えないそれらの現象は、悪意を持つ何者かの仕業なのか。崖から転落する直前、ルイの身に何が起こったのか。
すべての事情を知るルイが病院のベッドで眠り続けるなか、この謎に満ちた少年の秘密を解き明かそうと苦闘するパスカルは、
予想だにしなかった衝撃的な真実に迫っていくのだった……。